サービスインフォメーション

Service information

牛若丸インターネットサービス契約約款

第1条(約款の適用)

株式会社イージェーワークス(以下「当社」といいます)は、牛若丸インターネットサービス約款 (以下「本約款」といいます)を定め、これにより牛若丸インターネットサービスを提供いたします。

第2条(約款の変更)

当社は、この本約款を変更することがあります。本約款が変更された場合のサービスに係る料金その他の提供条件は、変更後の牛若丸インターネットサービス契約約款によります。

2.本契約の変更により当社は、本契約に該当する契約者に対し、当社の定める方法により事前にその内容を通知します。

第3条(サービスの種類)

牛若丸インターネットサービスの種類及びその内容については、別表のとおりとします。

第4条(申込方法等)

牛若丸インターネットサービスの契約の申込は、当社所定の申込書に必要事項を記入し提出します。

第5条(契約の成立)

当社は、牛若丸インターネットサービスの契約の申込があったときはこれを承諾します。

2.当社は、次の各号に該当する場合は、契約の申込を承諾しないときがあります。

(1)第1種電気通信事業者の事由により、当社が牛若丸インターネットサービスを提供するための電気通信回線の提供がうけられないとき。
(2)申込者が牛若丸インターネットサービスの契約上の債務の支払いを怠るおそれがあることが明かであるとき。
(3)牛若丸インターネットサービスにおいてサービスの提供又は技術上著しく困難なとき。
(4)契約の申込書にことさら虚偽の事実を記載したとき。
(5)申込者が当社または牛若丸インターネットサービスの信用を毀損するおそれがある態様で当該サービスを利用するおそれがあるとき。

第6条(契約の単位)

牛若丸インターネットサービスは契約者が使用する品目毎に締結し、一つの契約について一人に限ります。

2.契約者が牛若丸インターネットサービスの提供を受ける権利は、第三者に委託若しくは譲渡することができません。

第7条(最低利用期間)

牛若丸インターネットサービスの最低利用期間は、専用線IP接続サービス契約の場合は、契約日より1ヶ年とし、ダイアルアップIP接続サービスの場合は、半年契約が契約成立の日より半年間、年間契約が契約成立日より1年間とします。

2.以下の場合を除き、契約は自動的に継続されるものとします。
・第14条(契約者が行う解約)に基づいて解約の申請がなされた場合。
・第9条(契約事項の変更)に基づいて契約変更の申請がなされた場合。

第8条(利用態様の制限)

契約者は、牛若丸インターネットサービス契約において、当該サービスに関して使用するドメイン名を指定するものとします。但し、ダイアルアップIP接続においては、当該サービスに関して使用するドメイン名及びインターネットアドレスは当社が指定します。

2.契約者は、前項に基づき指定した以外のドメイン名或いはインターネットアドレスを使用して牛若丸インターネットサービスを利用することができません。

第9条(契約事項の変更)

契約者は次の各号について変更できます。
(1)品目の変更
(2)回線の変更
(3)通信設備の設置場所の変更
(4)契約者の名称及び住所の変更

2.前項各号について変更があるときは、当社所定の変更届書に記載し提出します。

3.契約の変更については、第5条を準用して取り扱います。

第10条(利用の制限)

当社は、天災事変その他の非常事態が発生または発生のおそれがあるときは、災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保または秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために緊急を要する通信を優先的に取り扱うため、牛若丸インターネットサービスの利用を制限する措置をとることがあります。

第11条(利用の中止)

当社は、次の各号に該当するときは、牛若丸インターネットサービスの提供を中止することがあります。
(1)当社の電気通信設備の保守又は工事のためやむを得ないとき。
(2) 当社が設置する電気通信設備の障害等ややむを得ない事情があるとき。
(3) 第10条により通信利用の制限を行っているとき。

2.当社は、牛若丸インターネットサービスの提供を中断するときは、あらかじめその旨並びに理由及び期間を契約者に通知します。但し、緊急やむを得ないときはこの限りではありません。

第12条(利用の停止)

当社は、契約者が次の各号に該当するときは牛若丸インターネットサービスの提供を停止することがあります。
(1)牛若丸インターネットサービスの債務の支払いを怠ったとき。
(2)第6条の2項または第8条の2項に違反したとき。
(3)誹誇、中傷又は猥褻等の明らかに公序良俗に反すること、または違法に牛若丸インターネットサービスを利用したとき。
(4)当社が提供するサービスを直接または間接に利用する者の当該利用に対し重大な支障を与える態様において牛若丸インターネットサービスを利用したとき。
(5)前各号のほか、本約款の規定に違反する行為で当社の通信設備に支障を及ぼし、又は及ぼすおそれのある行為をしたとき。

第13条(当社が行う解約)

当社は、次に掲げる事由があるときは、牛若丸インターネットサービスの契約を解除することがあります。
(1)第12条の1項の規定において、牛若丸インターネットサービスの利用が停止された場合において、契約者が当該停止となった事由を解消しないとき。
(2)第12条の1項の各号において、当該事由が当社の業務に著しい支障を及ぼすおそれがあると認められたとき。

2.当社は、前項の規定により牛若丸インターネットサービスを解約するときは、契約者に対しあらかじめその旨を通知します。

第14条(契約者が行う解約)

1. 契約者は、当社に対し契約を解除しようとするときは、契約満了月の20日までにその旨を弊社指定の方法で通知するものとします。
この場合において、通知があった日から当該通知において解除の日とされた日までの期間が30日未満であるときは、解除の効力は、当該通知があった日から30日を経過する日に生じるものとします。

2.契約者は、第11条(利用の中止)または第10条(利用の期限)の事由が生じたことにより、牛若丸インターネットサービスを 利用することができなくなった場合において、契約者が当該サービスに係る契約の目的を達することができないと 認めるときは、 当該契約を解除することができます。
この場合解除はその通知が当社に到着した日にその効力が生じたものとします。

3.第7条の最低利用期間内に解約の届出があった場合は、その残存期間にかかわらず一切の料金をご返金致しません。

第15条(利用料金)

牛若丸インターネットサービスの利用料金は 別表2に定めるとおりとします。

2.牛若丸インターネットサービスの料金は、第5条の1項において契約の成立した日を起算日とし、別表2に定めるとおりの初期費用及び解約するまでの期間の利用料金の支払いを要します。

3.牛若丸インターネットサービスの利用料金は半年契約の場合は暦月に従い、年間契約の場合は契約月を起算日とした暦年に従い計算した額を別表2に定める金額のとおり請求します。

第16条(初期費用)

牛若丸インターネットサービスの初期費用は別表2に定めるとおりとします。

第17条(追加ドメインの費用)

牛若丸インターネットサービスにおいて利用されることとなるドメインの数に応じ、利用料金の額から別表2に定めるとおりの算出した額を追加ドメインの費用とします。

第18条(料金の調停)

当社の責めに帰すべき事由により牛若丸インターネットサービスが全く利用し得ない状態(全く利用し得ない状態と同程度の状態にある場合、以下同じとします)が生じた場合において、当社が当該状態を知り得たときから連続して24時間以上の時間(以下「利用不能時間」といいます)継続した場合、当社は、その請求があった契約者に対し利用料金の基本料金を半年の場合は、利用不能時間を4,380時間で除した数<小数点以下3桁までを有効とし4桁以下は切り捨てます(以下同じとします)>に基本料金を乗じて算出した額を、又、年間契約の場合は利用不能時間を8,760時間で除した数に基本料金を乗じて算出した額を牛若丸インターネットサービスの利用金額の基本料金から減額します。

2.契約者が該当請求をし得ることとなった日から3ケ月を経過する日まで当該請求しない場合は、契約者はその権利を失うものとします。

第19条(料金の支払方法)

1.契約者は、牛若丸インターネットサービスの利用料金を、当社が指定する日までに当社が指定する方法で支払うものとします。

2.年間一括契約の場合において、当社は牛若丸インターネットサービスの料金等を毎年当社の定める日に、一括して請求します。

第20条(割増金)

契約者は、牛若丸インターネットサービス利用料金の支払いを不法に免れた金額の2倍に相当する金額を割増金として支払うものとし、支払い方法は第19条に準用します。

第21条(遅延損害金)

契約者は、牛若丸インターネットサービス利用料金の債務の支払いを怠ったときは、支払い期日の翌日から支払日の前日までの日数について日歩4銭(年率14.6%)の割合いで算出した額の遅延損害金を支払うものとし、支払方法は第19条に準用します。但し、当該債務が支払日の翌日から10日以内に支払われた場合はこの限りではありません。

第22条(消費税)

契約者が当社に対し牛若丸インターネットサービスに関する債務を支払う場合において、消費税法(昭和63年法律第108号)及び同法に関する法令の規定により消費税が賦課されるときは契約者は、当該支払い債務を支払う際に課税される、消費税相当額を併せて支払うものとします。

第23条(電気通信回線)

ダイアルアップIP接続サービス及び専用線IP接続サービスに係る回線は、契約者において第一種電気通信事業者と契約するものとし、又、必要となる費用は契約者が負担し、当該専用回線においては、当社の単独契約専用回線とします。

2.前項の回線の変更がある場合、変更の3ヶ月前までに当社所定の変更届書に記載し提出します。

3.回線の変更については、第5条を準用して取り扱います。

第24条(責任の分界点)

当社において接続機器の提供をする場合には、設置する接続機器が契約者のネットワークとイーサネットで接続されるものとし、責任分界点は当社の提供する接続機器とイーサネットの接続点とします。

2.契約者が接続機器を用意する場合には、責任分界点はDSUと回線終端装置の接続点、又は回線終端装置とネットワーク接続機器の接続点とします。

第25条(技術的事項)

専用線IP接続サービスの契約者はドメイン名及びインターネットアドレスは公式登録されている必要があり、当社の設置する接続機器に一つのインターネットアドレスを提供していただきます。

2.ダイアルアップIP接続サービスには、接続に使用するソフトウェアはRFC1548またはRFC1570で定められたプロトコルに準拠したPPPソフトウェアを使用し、モデムはV.22、V.32、V.34の通信規格に、並びにTAはV.110の通信規格に対応するものを使用していただきます。

第26条(情報の管理)

契約者は、牛若丸インターネットサービスを利用して受信し、送信する情報については、牛若丸インターネットサービスの設備または故障によるその消失を防止するための措置をとっていただきます。

第27条(損害賠償の範囲)

第一種電気通信事業者または本邦外の電気通信事業体の責めに帰すべき事由を原因として利用不能な状態が生じたことにより契約者が損害を被ったときは、当社は、当該損害を被った契約者に対しその請求に基づき、当社が当該第一種電気通信事業者または本邦外の電気通信事業体から受領した損害賠償の額(以下「損害限度額」といいます)を限度として、損害の賠償をいたします。

2.前項の契約者が複数ある場合における当社が賠償すべき損害の額は、当該損害を被った全ての契約者の損害に対し、損害限度額を限度とします。この場合において、契約者の損害を合計した額が損害限度額を超えるときは、各契約者に対し支払われることとなる損害賠償の額は、当該契約者の損害の額に当該損害を被った全ての契約者の損害の額を合計した額で除して算出した数を損害限度額に乗じて算出した額となります。

第28条(免責)

当社は、前条第1項の場合を除き、契約者が牛若丸インターネットサービスの利用に関して被った損害に対し、当社は一切の責めを負いません。

2.牛若丸インターネットサービスを利用して流された情報の結果、その情報が名誉毀損或いは損害賠償等の起訴対象となり得る場合、当社がその情報を事前に知っていたか否かに関わらず、当社は一切の責めを負いません。

第29条(機密保持)

契約者及び当社は、牛若丸インターネットサービスの提供に関して知り得た相手方の機密情報を、第三者に漏洩しないものとします。

2.前項の規定は、牛若丸インターネットサービスの契約が終了した後も継続するものとします。

第30条(児童ポルノ画像のブロッキング)

当社は、インターネット上の児童ポルノの流通による被害児童の権利侵害の拡大を防止するために、当社が指定する児童ポルノアドレスリスト作成管理団体が児童の権利を著しく侵害すると判断した児童ポルノ画像および映像について、事前に通知することなく、契約者の接続先サイト等を把握した上で、当該画像および映像を閲覧できない状況に置くことがあります。

2. 当社は、前項の措置に伴い必要な限度で、当該画像および映像の流通と直接関係のない情報についても閲覧できない状態に置く場合があります。

3. 本条の規定は、当社が児童ポルノに係る情報を完全に遮断することを意昧するものではありません。

付則

この契約約款は平成8年12月20日から実施します。

平成28年6月11日改定

別表1 牛若丸インターネットサービスの種類とその内容

1.サービスの種類

  1. ダイアルアップIP接続サービス
    当社の接続機器と、契約者の接続機器とを公衆回線を使用して結んで、インターネットプロトコルにより相互通信を提供するインターネット接続サービス。(一部地域は56kbps対応可能です。)

    品   目 内   容

    アナログ

    ~33.6kbps

    公衆回線で接続し、33.6kbpsまでの符号伝送が可能なもの

    デジタル

    33.6kbps

    INS64で接続し、64kbpsまでの符号伝送が可能なもの

  2. フレッツ接続サービス
    東日本電信電話株式会社または西日本電信電話株式会社が「IP通信網サービス契約約款」に基づき提供する電気通信サービス。
  3. 牛若丸ADSLサービス
    ソフトバンク株式会社が「ブロードバンド通信ネットワークサービス契約約款【エンドユーザ編】」に基づき提供する電気通信サービス。

付則

平成23年6月17日一部改訂実施。

平成28年5月23日一部改訂実施。

別表2 利用料金

弊社サービスメニューをご確認下さい

http://www.usiwakamaru.or.jp/

この他、NTT東西への電話加入、フレッツ接続申込が必要となります

付則

平成26年4月1日一部改訂実施。

平成27年6月23日一部改訂実施。